So-net無料ブログ作成

No.064 【黒水水槽】 ルールに従って水換え [水換え]

俺の熱帯魚の実飼育暦は1年と7ヶ月ほどですが、脳内飼育暦は3年あまりです。

初めてカージナルテトラを飼育するまで、3年あまり『熱帯魚』をキーワードに様々な切り口からGoogle先生に尋ね回りました。そうして出来たのが白水水槽です。

黒水水槽を立ち上げる際、3ヶ月ほどチョコレートグラミーを脳内飼育しました。その甲斐あってか、幸運にも初挑戦でチョコグラさんの産卵を迎えることができました。

チョコグラさんは、産卵した卵を口の中に咥え、稚魚が孵化するまで口内で保護をする習性をもっています。しかし、水換えなどストレスを与えると、そのショックから咥えた卵を食卵してしまうことがあるそうで、最初の3日間が勝負のようです。

俺の中では、チョコグラさんを飼育する前から全てのイベントでやるべき作業は想定しており、産卵を迎えても、餌やりと水換えは普段どおりにやると決めてあります。

さらに言うと想定では、3回は食卵した後に、4回目で初めて稚魚が採れることになっていますが、いざ目の前で産卵をみてしまうと欲がでてしまいます。

なぜ水換えを予定する週末に産卵をするんだ!?
せめて2日間は無換水の期間が欲しかった・・・

俺は神の御業におうらみ申し上げますぞ!!
・・・あ俺、無宗教でした。。

今日のバケツ・・・
でてこいや!!

20100530.JPG

6L近くはあるかな。
むふふふ。

======負けられない水換えがココにはある。======
人気ブログランキングへにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

No.063 【新ピートモス導入(嘘)】 繁殖を考えての巻 [チョコグラ]

【2010年6月2日追記】
俺の諸事情により、タイトル変更。
変更前 : No.063 【新ピートモス導入(嘘)】 チョコレートグラミーの繁殖を考えての巻

黒水水槽にいる残り3匹のチョコレートグラミーはすこぶる快調です。
一時は全滅も覚悟しましたが、いまでは尾ひれに青い粉やら赤い粉やらをまぶしたような輝きをみせてくれています。

だから、今日はいいたいことを言わせてください。

俺がね
チョコレートグラミーをpH7.0の水道水にお茶だけで飼ってるのはね
やれ、RO水がどうしただの、pHは低くないといけないだのってね
みんな言うわけだよ

だからね
俺はね
それに挑戦したいってことなんだよ

ああ、そうだよ
俺だってはじめはみんながいうようにやろうとしたさ
でもね
俺が買ったピートモスじゃpHが下がんなかったんだよ

そうさ
ひがみだよ
手の届かないところのぶどうはみーーんなすっぱいんだよ

でもさ・・・今日の俺・・・
みんなにやさしくなれる気がするんだ


さて、第1位の推定オスは、第3位の推定オスだけでなく第2位の推定メスまで追いまくっているので、ペア解消かとも思われたのですが、巣の中ではクルクルダンスをしているので、繁殖はまだ期待できそうです。

ここで悩むのが、ピートモス使用の是非です。現状でうまくいっている(気がする)のに、pHを下げてしまっていいのだろうか。

しかし、俺が知る限りでは、チョコレートグラミーの産卵は気温の低い冬場が多く、これからの夏場はあまり期待できません。それならば、いまピートモスを使って低pH環境にしてしまう方がいいように思えます。

冬になる頃にピートモスを取り除いてpHを上昇させれば、産卵誘発にもなるかも知れません。ただし、河川の水量が増加してpHが上昇する雨季が、チョコレートグラミーの産卵期であるという仮説が前提になります。

原産地のスマトラでは、12月~3月までが特に雨が多いそうなので、仮説が正しければタイミングもよく、よい結果が得られるかも知れません。

どうあろうと
なんだかんだ理由をつけて俺は使いますがね!!

本命である外部フィルターに投入する前に、少量を水槽内にネットで吊るして様子をみます。今回は、pH測定実験に使ったピートモスを熱湯消毒だけして流用します。これで調子が良ければ、徐々に量を増やし、再来週には外部フィルターに詰め込むまでいきたいと思います。


・・・さて、文章はこんなもんかな

次は準備したピートモスを水槽に吊るしてっと・・・
写真を撮れば・・・

20100529.JPG

( ° Д ° ) く、咥えとる!?

咥卵しとるようにみえる・・・しかし、キランと読むの?それともテツラン?
アクア用語って読み方むずかしいよね!
そんなことはどうでもいい。

メスだとばかり思っていたが、オスだったのか・・・いや、メスが卵を咥えるのか・・・
それは・・・あんまりどうでもよくない。

そ、そんなことより、文章を差し替えねば・・・
くっ! ガッツがたりない!

た、タイトルだけをちょこっと変えれば・・・嘘だけど嘘だから嘘にはならんはず。。

正面からの写真は撮れませんでしたが、きっと咥卵なので大事をとってピートモス投入は見送りです。今日はいろんなことにごめんなさい。

======楽しんでもらえたらクリックをお願いします。======
人気ブログランキングへにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

No.062 【水槽の化学】 北海道産ピートモスのpHを測ってみる [水質について]

見せてもらおうか。
北海道産長繊維ピートモスの性能とやらを・・・。

でんでーん ででで でーん ♪  シャアッ!!

さあ、水槽の化学シリーズがやってまいりました。
今回は、頂きものの北海道長繊維ピートモスのpHを測ってみます。なお、実験結果は、他の環境では異なる結果が得られるかも知れませんので、ご注意ください。

実験詳細は最下部にまとめます。さっそく外観からですが、ミジンコ養殖にプラケースが奪われているため、産卵ボックス(うちでは隔離用)にて実験です。ピートモス単体でも実験をしたかったのですが、プラケースがなく断念しました。
20100528_1.JPG
(設置4日後)

設置から日数があまり経っていないこと、ソイルを併用していることを考慮して、黒水加減は俺のピートモス変わらないか・・・若干薄いかなあといった具合です。いい色味ですね。

次に、pHを測ってみます。
20100528_2.JPG
(設置直後)
20100528_3.JPG
(設置4日後)

pHは5.0を示しており、ひょっとしたら5.0以下かも知れません。併用したソイルにはpHを6.0~7.0に保つ機能があるそうなのですが、今回の分量配分では、それを凌駕する力がこのピートモスにはあるという結果になりました。素晴らしいpHの引き下げ効果です。

ああ、硬度試薬が欲しい。。

======以下、実験詳細======

【北海道産ピートモスのpHを測ってみる】
1.目的
黒水水槽での使用を想定して、
どの程度pHを低下させるか調査する。

2.方法
ピートモスとソイルが入った水槽を用意し、pHの経日変化を記録する。
分量は、黒水水槽での使用を想定して実施する。

3.主な実験機材
①ソイル    : プロジェクトソイル エクセル (㈱アクアシステム)
②ピートモス : 北海道産長繊維ピートモス ((有)高橋ピートモス工業)
③pH測定   :  テトラテスト pHトロピカル (テトラ ジャパン㈱)

4.分量
①水      : 950cc
②ピートモス : 15cc
③ソイル    : 20cc 
※外部フィルターのソイルの代わりにピートモスをつめるため、
 前回に比べてソイルを減量。

5.注意
実は、俺のピートモスが入ってないから、黒水水槽の環境再現ができてない。
まあ、参考なのでいいでしょう。がっくり。。

6.参考
ピートモスの参考:No.037 【水槽の化学】 pHを測ってみたPart2
ソイルの参考:No.055 【水槽の化学】 ソイルのpHを測ってみた

======楽しんでもらえたらクリックをお願いします。======
人気ブログランキングへにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

No.061 【ミジンコ養殖道 番外編】 生餌いろいろ [ミジンコ養殖道]

人生いろいろ ♪ いろいろぉー!
男もいろいろ ♪ いろいろぉー!
生餌だっていーろいろ 生き乱れるの ♪

プラケースの中にミジンコがいーっぱいー ♪

ハイ、字余り。


さて、これまでは捕獲したミジンコを選別するところまでをご紹介しました。これらが現在の養殖用プラケースです。写真では変化はわかりませんが、よくわからない生き物がわいてきました。
20100527.JPG
(左から、元水プラケース①、元水プラケース②、養殖用プラケース)

今回、ミジンコ以外に養殖できそうな生き物のご紹介です。撮影手段がありませんので、文字だけでご紹介です。分類があっているかも定かではありません。

【養殖できそうな生き物】
①ミズミミズの類
②センチュウの類
③エビの類

養殖対象となる必須条件は、お魚さんが好んで食べることです。以上の生き物は問題ないと思います。もう1つ大事な条件として、生活史が短く、繁殖容易であることです。すると、①、②に絞られます。

そんなわけで、現在の養殖用プラケースには、ミジンコの他、ミズミミズ、センチュウと思われる生き物が同居しています。数がそろえば専用のプラケースに隔離する算段です。

ここで心配になるのが、魚の病原菌や寄生虫の汚染だと思います。それに対しては、選別を繰り返し、室内飼育で複数代に渡り養殖したものを利用すればリスクはかなり軽減できると思います。

また、養殖している生き物自体が寄生虫ではないかと不安はありますが、宿主になる魚がいない環境で養殖できた時点で問題ないと判断します。

高校までの生物学の知識を有し、かつ寄生虫博物館を見学した経験があるド素人の俺がいうことに間違いはありません!!

ワムシやゾウリムシなど顕微鏡で観察されるサイズの動物性プランクトンもいましたが、上記の生き物に比べて純粋培養が大変だと思われますので対象から外しました。

ですが、『フクロワムシを養殖すれ!』等、生物名をご指定の上でご要望があれば挑戦します。成功したら、無償、着払いにて送りつけさせていただきます。何が餌に適しているのか、よくわからないので、こんなことをいって教えてもらおうとしているのです。。

肝心のミジンコは、養殖用プラケースより元水プラケースにいる方が多いのが現状でございます。

======楽しんでもらえたらクリックをお願いします。======
人気ブログランキングへにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

No.060 【支援物資】 北海道産長繊維ピートモス来たる!! [飼育グッズ]

言いたいことも言えない世の中じゃ っぽいずん ♪
俺は水を換える ことだけやっていく おっおっー ♪

ブログというものは勝手なことが言えるので好きです。
でも、やっぱり読んでいただいた方とコミュニケーションがとれるのはうれしいです。

リンクさせていただいているGloooomyのhic様とブログを通して、お知り合いになることができたこともうれしかったのですが、なんとhic様のご好意でピートモスを分けていただきました!!ほんとうにありがとうございました!!

そこで、俺がもっているピートモスと外観的な面でちょっとだけ比較したいと思います。
20100526_1.JPG
(俺のピートモス)
20100526_2
(頂いたピートモス)

コレだよ、コレ!!
これぞ求めていたピートモス!!
通水性がよく酸味が利いた香り♪

通信販売で、外部フィルターに入れる水質調整用(pHを下げたい)にピートモスを買い、
わくわくして封を開けたら・・・
写真と違うじゃねえかああーーー!!

これを外部フィルターに入れたら詰まってしまう。ならば底床に使うか・・・
説明どおりにpH下がんねえじゃねえかああーーー!!

・・・と心の中で叫んでしまったことが昨日のことのように思い出されます。

これだけですと大変お世話になっている某通販店のネガティブキャンペーンになってしまうので、補足しますが、底床として大変役に立っています。それにこの手の商品の品質に、バラつきがあるのは仕方ないことですしね。
20100526_3.JPG
土っぽいピートモスだからこそ、いい雰囲気をかもしだしてくれています。

今度こそ、ピートモスを外部フィルターに入れて、うはうは熱帯魚ライフを楽しみたいと思います。

【記事のピートモスについて詳細】
頂いたピートモスの説明や使い方についてはhic様の記事をリンクさせていただいたので、そちらをご覧ください。他の記事も一見の価値がありますよ。hic様、勝手にリンクをしてしまいましたが、ちょっとだけ宣伝したので許してください^^;
hic様の記事より: peat moss

俺が使っているピートモスについては、下記記事をご覧ください。
参考:No.039 【高機能!?】 ピートモスの使用感

======楽しんでもらえたらクリックをお願いします。======
人気ブログランキングへにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

No.059 【ミジンコ養殖道】 ミジンコ選別編 [ミジンコ養殖道]

みなさんお待たせいたしました。   ←だれも待ってない。
ミジンコ養殖道のミジンコ選別編でございます。

最初に結論から申し上げますが、
思うような結果が得られません。

さて、前回までは採取した水ごとミジンコをプラケースに移動させたとこまでをお伝えましました。このプラケースの中には、水槽に持ち込みたくない藻や他の生物がいます。そこで今回は、ミジンコだけを選別するところのお話しです。
参考:No.053 【ミジンコ養殖道】 ミジンコとったどーー!!

プラケースからミジンコだけを選別するために俺は2つの方法を用いました。
①夜な夜なスポイトでミジンコを吸う。
②小さなビンに餌を入れた罠を仕掛ける。

ミジンコは警戒心が強いため、1匹1匹をスポイトで吸うのは大変です。しかし、罠だと藻や他の生物まで入ってしまうので、結局スポイトで吸うはめになります。しかも、肝心のミジンコは捕獲どころか観察もされなくなり、もっぱらケンミジンコばかりです。

何をいっているのかよくわからない方は、Google先生にミジンコについてお尋ねすることをお奨めいたします。そんなこんなで、新ミジンコ水槽です。止水では水が腐りかねないため、ミナミヌマエビを2匹同居させております。
20100523.JPG

あやしい池の水から取れたミジンコなので、気休めにピートモス(実験水槽転用)で消毒です。まぎれ混んだ藻などもきっと駆逐してくれるはずです。

この水槽で何代世代か過ごしてもらい、ミジンコの数が増えたら別の水槽に移して、本格的に養殖したいと思います。それはまた別のお話し。

ミジンコ以外にも養殖できそうな生き物がいたのですが、それもまた別のお話しです。

======楽しんでもらえたらクリックをお願いします。======
人気ブログランキングへにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

No.058 【白水&黒水水槽】 今日は今日とて水を換え [水換え]

最近、黒水水槽ばかりに手をかけているようにみえますが、
その通りです!

うちには熱帯魚が入った水槽が2つありまして、水草メインの白水水槽と流木メインの黒水水槽です。2つの水槽を維持して感じたことですが、水草がたくさんある水槽は水換えをしなくても調子を落としにくい一方、水換えを極端におこなうと調子を一気に落としてしまうように思います。水草があまりない黒水水槽では、それとは逆のように感じます。

水草水槽で極端な水換えをすると、まず水草に枯れや溶けがみられ、それが水質を悪化させることで、お魚も調子を落としてしまうようです。

これは俺の私感ですが、ろ過バクテリアなど微生物は植物と共生の関係にあるので、極端な水換えでろ過バクテリアが少なくなるとバランスが崩れてしまい、そのような結果になるのではと考えています。

こんなことを考えながら、俺は水換えするのです。
20100522.JPG
(左から白水水槽、黒水水槽)

ふふふふ。
今日は9Lはあるのう。

======楽しんでもらえたらクリックをお願いします。======
人気ブログランキングへにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。